スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白内障なチーズ(涙)

すっかりご無沙汰なBOLGです。
息子の誕生日もチーズの誕生日も、ただの日・・・になるほどバタバタ過ごしていましたが、ちゃ~んと6月中にケーキでささやかなお祝いはしましたよえっ?証拠のケーキ写真は無いんですが・・・

はい、今日のタイトル「白内障」ですが、本当にが~~~んでした。
気がついたのは、6月21日(土)の夜でした。
チーズ君の誕生日の翌日です。忙しい忙しいと、お誕生日のお祝いをしなかった罰でしょうか

19日の夜から、バスケ部の大会で我が家からだと、会場まで車で30分ってことで、長男君のお友達がお泊りに来ていたんですね。・・・なんのお構いもしていないのですが、慣れない母さんはそっちにきがいっていて・・・お昼は大会の応援に出かけ・・・まったくほったらかしのチーズ君でした。
木曜、金曜、土曜・・・ほったらかしのチーズ
土曜の夜に帰宅してから、長男君が「チーズの目が青い!」って言ったんです。
え~~~と顔を見ると、明らかに>青白い<。こんな色なら毎日会っているのに気づかないはずはないっ!・・・と思いながらも、その他体中ひっくり返してチェックしたのですが、元気が無いわけでもないし・・・ご飯も食べるし・・・なのですね。
息子の来客に気をとられていましたが、チーズの目を見て一気にもう、チーズしか見えていません。兄たちはほったらかしですPCの電源を入れて「検索開始」・・・やっぱりどうも「白内障」かも?「角膜炎」かも?と・・・

さて、一晩中検索マンで日曜日です。
どこの病院に行くか?です。チーズはこれといって掛かりつけの病院はないのですね。
日曜日は、病院検索と眼が見えているか?の簡単なチェック
オヤツを顔のまえで動かしてみたり、片目にターバンを巻いて歩かしてみたり・・・片目にターバンを巻くと、見えないようで、そこから動こうとしないし、おやつにも反応しない。
残念でショック見えていないようです。
でも、ターバンを外すと全然普通に行動するのです。何かにぶつかるとか、怖がって動かないってことはないようなのです。
・・・・という事は、前々から片目は見えなかったのかな?とも思いました。

23日月曜日、近所の病院へ行ってきました。
やっぱり「白内障」とのことでした、私を気遣うように「だいたい皆さん気づかないですから・・・」と、先生。・・・6歳までだと、遺伝性でしょう・・・と。
この遺伝性って言葉は、とても微妙な感覚です。
チーズのパテラ、チェリーアイも遺伝性・・・?・・・遺伝性だろうが、後天性だろうが、実際に症状がでているのだからショックなのですが。「遺伝性」と言われると、私の育て方が悪くて・・・というような罪悪感からは少し救われるのです。
まだ、報告していないのですが、チーズの実家の叔母さん?には、きっと「遺伝性」と言われると、気分悪くされると思いますが、私は少々救われるのです。なんだか卑怯な私ですが、そう思ってしまいました。
白内障で疑うのは、糖尿病もあります。血液検査の結果、すべての項目異常なし。
「手術を考えるのならば、専門のところを紹介します。それか、白内障の進行を遅らせるという目薬もありますよ。この目薬の効果は???のようですが。初発という始まり辺りの段階ですね。」
・・・と言う事でした。
目薬もそんなに期待できないのならば、使い出したら止めるのに勇気がいるだろうし、その日はそのまま、現在の状況を聞いて帰りました。
24日火曜日です。昨日から、今後どうして行くか悩みっぱなしです。
まだ、若いのだから手術した方がいいのか?どのくらい大変なことで手術後は???悩んでも考えても・・・あ~もう思考能力が・・・
25日水曜日です。今日は朝から右目(白内障)がショボショボです。
昨日、調べた眼科に行く事にしました。1件目の病院では、手術するなら紹介します。と言われていたので、手術を今のところ決断できない私は、勝手に調べた病院に行く事にしました。(変固頑固な母さんです)
アイチェックが出来る病院リストで見つけた県内の病院です。
この病院は、想像よりもとっても小さい病院で先生も一人だけ。でも、待合室には白内障の手術の案内書があったりして、やっぱり眼科なんだ!と思いました。(実際は普通の動物病院で眼科だけではありません)
来ている子も、目薬をもらっていたり、眼の写真を貰っていたりしていたので、あ~やっぱり眼科だ!とまたまた、思っていました。
はい。名前呼ばれて診察室へ・・・「え~と。どうたらこうたら・・・と説明して。なのでココへ来て見ました。」というと、先生はカクッッとこけそうになって、「病院の紹介じゃなく来たの?」と・・・珍しい来院者だったのかな?
眼の写真をパシャパシャ撮りながらモニターに写して「あ~~~チョット大変な事になってるぞ~~~」と恐ろしい呟きを・・・炎症が起きているらしい。炎症が起きているような子は、手術はできないらしい。(ま~今のところ決断できないでいたのでチョットほっ!)
とりあえず、炎症を抑える目薬とサンドウ?とやらを開かせる必要があるそうです。
チーズの事を何もしらないし、病院紹介での来院でないのでカルテもない。だから、非ステロイド目薬で様子を見ることに。そしてサンドウ?とやらが固まってしまうとたいへんらしい。ので劇薬の目薬も。
劇薬と聞くとさすのが怖くなる。眼にライトを当てて白内障で白くにごっている部分が、小さくなったときには目薬を!・・・とのことでした。

月曜日に近所の病院にいったときには初発の段階だったけど、水曜日には初発→未熟→成熟→過熟、と進行するようなのですが、すでに過熟と言われました。
急激に進行する白内障だそうです。少々、炎症が起きているものの、眼圧も正常。
・・・だけど、水晶体が溶け出しているそうです。
いろんな事をきいても、私はサッパリわからないのだけど、どうやら、手術が出来そうにないと言われた今、チーズの場合は、成熟の真っ白な状態で留まってしまうよりも、過熟で水晶体が綺麗に溶ければ、また、見えるようになる可能性がある・・・は~い聞き逃さずに「え?このまま進んだ方がいいんですか?」って聞き返してみました。
先生は、いや~こればっかりはどういう具合に溶けていくか>運<です。>運<はい解りました。>運<が良くなる事いっぱいしますと、とっさに宣言してしまいました

一週間後、非ステロイド目薬で炎症は無事に治まり、でっ。どうですかぁ?とソワソワしているのですが、ここからは、どう溶けるか?に任せるようです。・・・次は1ヵ月後・・・長いな~運の良くなる事いっぱいして、良い方へ

・・・・更に更に、PC検索は続いていたのですが、てっきり?水晶体が溶けてしまった方がいいのだと思い込んでいる私に、嫌な記事も見つけてしまったり、この状況がいい状況ではないと・・・も~解りませんチンプンカンプンです。
これ以上、探って探って不安になるのはやめよう!・・・と今日までPCを封印していました。
電源を入れてしまうと、チョットだけ・・・と思いながら、探りまくって撃沈するからです。
今は、ご縁の会った先生に定期的に診てもらって・・・それからまた、その時に・・・と思います。

眼科専門の動物病院も探せばチョコチョコあるようですが、予約制でなかなか診て貰えないこともあるようです。・・・今回の病院は先生は一人しかいないけど、とても感じの良い先生だし、予約も要らないのでその点はとても助かります。

この様な事に成ったのは、私が連日留守。泊まりの来客。マンションの大規模工事で家はカーテン締めっきり&ベランダには見知らぬ人が・・・という。このすべてがチーズにかなりのストレスになったのかな?と思います。・・・そして、もともと弱いところのスイッチが入ってしまったのではないかな?と思うのです。
こんなチーズなのだから、病気になって入院ってことになると、良くなるどころかな感じになってしまうのではないか?と心配です。
あの日から、時間の許す限りチーズにベッタリなのですが、チョット嬉しそうなチーズ
きっとチーズは結構弱い子だと思うのです。大きなストレスを感じると、弱いところのスイッチがバンバン入ってしまうかも?だから、何をしてあげるのが幸せか?を考えながらすごしていかなくちゃ
・・・片方が白内障になった子は、やはり反対も・・・なようなので、しっかり見えている今、笑顔を一杯見てもらいたいし、観光にも行きたいね~なんてパパと話していました。
チーズをつれて観光かぁ??と考えたとき、新たな課題が私の頭に・・・・

今日は久しぶりのBOLGで、なが~~~~い記事になってしまいました。
大大大ショックの撃沈だったけど、右目は白いけど、いたって普通に生活しているチーズと過ごして、今はなってしまったものは、しゃ~ないさっ!楽しむ事を考えよう!って感じです
近々、チーズの散髪してやらないと、チーズもたまらんそうだし、見ているほうも暑いっ
見た目よりも、涼しさ重視でチョキチョキしますかぁ~
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。